飲むだけで運動したような効果
   『メトホルミン』

メトホルミンは世界中で60年以上使用される2型糖尿病の薬の一種で、その効果と安全性が確認されているお薬です

近年の研究でメトホルミンの『体重減少』作用と、その体内での働きに注目が集まっており、世界中で再評価の進む医薬処方薬です。

メトホルミンはなぜ
『ラク痩せに効く』のか?

メトホルミンは過剰なカロリーの排出を促進する

メトホルミンは『便の中にブトウ糖を排出させる』作用が確認されています。これはメトホルミンを服用している人は『血中のブドウ糖が腸から便の中へ出て排泄されること』が研究で確認されており、『メトホルミンを飲むと過剰なカロリーの排出』が助けられて体重減少に結びつくと言えるからです。

メトホルミンには血糖値・体脂肪低下作用がある

メトホルミンはAMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)を活性化させます。
AMPKは、細胞のエネルギーセンサーで、エネルギー(ATP)が低下すると活性化されます。
AMPKが活性化されると、エネルギーを消費する経路(糖新生や脂肪合成など)が抑制され、エネルギーを産生する経路(糖や脂肪の分解など)が促進されます。
この作用により、血糖値や体脂肪の低下という嬉しい効果をもたらしてくれます。
実はこの現象は運動すると体内で起きる変化と同様です。

つまり、ホルミンを飲む効果は、運動することと同じ効果なのです。

更に最近の研究ではAMPKの活性化はがん細胞の増殖や代謝を阻害し、免疫細胞の活性化を促進することもわかってきました。このことはがんの予防や治療にも有効である可能性を示唆しています。

メトホルミンはGLP-1を増やす

メトホルミンには小腸から分泌されるGLP-1を増やし、血液中のGLP-1分解速度を遅くする作用が知られています。
このしくみにより血液中のGLP-1濃度が上昇します。
GLP-1についてご存知でしょうか?GLP-1は腸から分泌される“やせホルモン”とも言われる物質で、脳の満腹中枢を刺激したり、胃の運動を緩やかにすることで満腹感を得やすくします。
メトホルミンのGLP-1を介した食欲抑制作用が、体重減少をサポートしていると言えるでしょう。

医薬品名容量処方量価格(初・再診料 / 送料 / 税込)
メトホルミン250mg2錠/日60錠3,960円
メトホルミン500mg2錠/日60錠6,050円
メトホルミン500mg3錠/日90錠8,800円