『老化という病気』に立ち向かう

アンチエイジングとは『老いに逆らう』意味であり、従来は老化には逆らうものでした。

高輪クリニックでは老いに逆らうアンチエイジングではなく、老いから遡行し『若返る』リバースエイジング治療を提案しています。

『老化は不可避な現象ではなく、病気である』

近年の医学で常識になりつつある考えです。これは老化と言われる症状の原因の多くが酸化・炎症にあると判明したからです。それならば細胞レベルでの抗酸化・抗炎症を徹底することで老化という症状を発現させないことが可能ではないかというロジックです。

『細胞レベルの抗酸化・抗炎症』

細胞は一定数の分裂を繰り返すとその役割を終えて死滅します。しかし役割を終えた後も臓器や組織の中に残って死なずに溜まっていく細胞があります。これを『ゾンビ細胞(老化細胞)』と呼びます。ゾンビ細胞はただ溜まっていくだけではなくSASPと呼ばれる現象を引き起こし、これが慢性炎症の原因となります。またゾンビ細胞はゾンビ映画の人に噛みついて他の人をゾンビに変えていくゾンビのように周囲の正常な細胞の老化を加速させて増殖していきます。このゾンビ細胞を除去するという考えが『セノリティクス』です。

『人体が持つセノリティクス作用=オートファジー』

オートファジー(自食作用)とは人間の体が持つ役割を終えた細胞を取り除き栄養に変えていく働きです。オートファジーの機能は年齢と共に衰えていくので、年齢と共に『ゾンビ細胞』を取り除けず老化と言う名の慢性炎症が進行します。また高脂肪食品の取りすぎもオートファジーの不活性化を助けます。

オートファジーの活性化には『食事・運動・睡眠』が鍵となりますが、現代のライフスタイルで理想の生活をするには多くの『努力』を必要とするでしょう

『遺伝子と細胞の検査で知る細胞レベルの若さ』

  • サーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子が活性化すると寿命が伸びると言われています。この遺伝子はオートファジーが活性化していると、連動して活性化されることもわかっています。

  • テロメア長

テロメアは染色体(DNA)の末端にあり、細胞が分裂する度にその長さが短くなります。テロメアの短縮を抑制できれば細胞の寿命を延ばす効果が期待できます。

高輪クリニックではグループ内のラボで上記2つの検査が可能で、治療の効果を科学的に知ることができます。

高輪クリニックの根拠(エビデンス)のあるリバースエイジング治療

  • 細胞組織を修復し炎症を起こした組織を修復する『ウォートンジェリー・エクソソーム』
  • 食事制限を楽にしてオートファジーを活性化する『GLP-1受容体作動薬』
  • オートファジーを活性化し、テロメア長を伸ばす『メトホルミン』
  • オートファジーを活性化し、サーチュイン1遺伝子を活性化する『ラパマイシン』
  • 体外循環を用いてSASP因子を取り除き若返りをブーストする『アフェレーシス』

高輪クリニック・グループでは、最新の論文を紐解き
『老化という病気』の治療を進めています。